膀胱炎

膀胱炎独特の不快な症状

膀胱炎の不快な感じは経験したことが無い人には想像がつかないと思います。女性には比較的多い病気で、トイレに行っても残尿感があり暫くするとまたすぐトイレに行きたくなるのですが、行っても尿は出ず痛みだけが残るという繰り返しなのです。

 

そんな時には何処へも出られず、ずっとトイレに居たいという気分なのです。なりそうな独特な不快感は経験上わかるのですが、何だか変だなと思ってトイレに行くと血尿が出たこともあり怖くなってしまいました。何回も膀胱炎になりましたが、血尿が出たのは1回だけです。ある年には1年に3回も膀胱炎になってしまい病院へ行った事があります。家の近くに町の開業医の先生がいて何かあると診て貰うのですが、先生は又かと言って抗生物質を出してくれます。

 

そして菌を体の外に早く排出しなければいけないのだから、一緒に水分も沢山摂るようにとアドバイスしてくれます。出来るだけ薬は飲みたくないと思っているのですが、その辛さの為に処方された薬を正しく服用します。実は正しくと言うのには訳があって、3日間程薬を飲んでいると排尿の時にも緊張しなくなり痛みもなくなりスムーズに出るようになってくるので、処方された薬を全部飲まずにいたことがありました。

 

何と言っても1年に3回も膀胱炎という状態だったので、そこそこ調子が良くなってきた時に薬を飲むのを止めてしまっていたことがありました。その時先生に言われた事は、出された薬は最後までしっかり飲みきらないと自分で体調が良くなったと思っても、体の何処かにその菌が残って生息していることがあるというのです。膀胱炎血尿

 

そして忙しくて疲れていたりストレスが溜まっていたりした時に、その菌が体の中で暴れ出すのだと話してくれました。それ以来膀胱炎になってしまった時に処方される薬は最後までしっかりと飲むようになりました。膀胱炎を繰り返していた40代だったので、これからもずっとこうなのかなと思っていたのですが、その後は再発することもなく生活していますが、旅行に出かける時等は安心の為に薬を持参していますが、それも一度も使わずにいます。

腰痛体験