アレルギーの症状

日本人に多いアレルギー性鼻炎について

「鼻炎」という名前はよく耳にするかと思います。
鼻風邪と症状は異なりますが症状を混同して覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そもそも鼻風邪と鼻炎の違いですが、まず鼻風邪はウイルスによる風邪の一種ですので基本的に発熱を伴います。そして短期間で比較的快調になりやすく、鼻汁は粘着性であることが確認されています。
反対に鼻炎での症状はアレルギーによって症状が出ていますので発熱は基本的にはありません。また短期間で治りやすい鼻風邪に比べて時期が長く限定されていることが殆どです。鼻汁も水溶性のものが出ますので見分けはつきやすいかと思います。

 

また鼻炎は家族誰かがアレルギーになっていたりすると起こることが多く、症状も朝方や寝る前などに激しくなったりすることがあります。

 

またアレルギー鼻炎は大きく分けて2種類あり、一般的に花粉症と呼ばれている「季節性アレルギー」と季節関係なく症状が出る「通年性アレルギー」があります。

 

 

前者の季節性のものは鼻炎の症状を引き起こす植物にアレルギー反応が起き、くしゃみや鼻水などの症状が起こることが原因です。アレルギー反応のでる植物の咲いている時期のみに起こる為、鼻炎症状が発生する時期が決まっているのが特徴です。

 

この季節性アレルギーは花粉を吸い込む量を減らし、アレルギー専用の鼻炎の薬を使用することによっていくらか軽減することが可能です吸い込む量を減らすためにはマスクの使用、帰宅時は必ずうがいと洗顔を行うことが有効とされています。また外出時は衣服に花粉が付着している場合もありますので外出後はしっかり衣服を払うことも重要となります。後鼻漏

 

 

後者に述べた通年性アレルギーは花粉が原因ではありません。原因となる物質は主にハウスダストや動物の毛、ダニの死骸やフンなどだと言われています。これらの物質を体が異物と判断し、過剰に反応してしまうことで鼻炎の症状が発生してしまいます。

 

この通年性アレルギーはアレルギーの原因となる物質に触らないようにすることや室内ダニを除去することによって部屋を清潔に保つことが重要となります。また薬によって治療することも可能ですので症状の酷い方は一度医師の診察を受けるのもいいでしょう。

腰痛体験