思春期ニキビ

大人ニキビに思春期ニキビと同じケアをすると返って悪化

25歳過ぎてできるニキビをかつては「吹き出物」と呼びましたが、今では「大人ニキビ」と呼びます。

 

これができると非常に憂鬱なわけですが、だいたいの人は若いころに経験した思春期ニキビと同様のケアをしようとします。その最も多いのが、徹底した洗顔で顔で油分を落とす、ということです。しかし、これは非常に危険な行為です。なぜなら、それをするとかえって大人ニキビは悪化してしまう可能性が非常の大きいからです。

 

 

なぜかというと、思春期ニキビは皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まってできてしまうニキビですが、大人ニキビは皮脂の過剰分泌が直接的な原因ではありますが、なぜ皮脂の過剰分泌が発生するかという点については、思春期ニキビと原因が全く違うからです。
思春期ニキビは代謝が活発なため皮脂が過剰に分泌されます。背中ニキビ跡消す
これに対して大人ニキビは、実はそれと逆で、皮膚の乾燥が皮脂の過剰分泌を生むのです。

 

 

具体的には、25歳を過ぎると、代謝機能が落ちてきて、皮膚は乾燥しがちになります。すると、皮膚は足りなくなった潤いを補完しようと一生懸命皮脂を分泌するのです。この時に、必要以上に分泌が起こってしますと、それが過剰になって、結果的にニキビの原因になるのです。

 

ですので、大人ニキビのケアに必要なのは徹底した保湿です。朝晩の洗顔後にはしっかりと化粧水を皮膚に与えて潤いを保つようにしましょう。
また洗顔も、石鹸などでごしごし洗うのはもってのほかで、潤い成分の入った洗顔料をたっぷりと泡立てて、優しく泡洗顔を行うことがポイントです。

 

 

そして、洗顔し、化粧水を付けた後は、乳液や保湿クリームを塗って、皮膚に「ふた」をして、水分が蒸発するのを防ぐようにすることです。

 

いかがですか。今まで大人ニキビに悩んでいた人は、思春期ニキビと同じつもりでケアをしていたのではないでしょうか。それは今書いたように全くのgy買う効果ですので、ぜひ止めてください。そして、今晩からは、しっかりと保湿をして寝るようにしましょう。そうすれば大人ニキビは必ず改善します。

腰痛体験