まさか私が・・・早発閉経と言われて

まさか私が・・・早発閉経と言われて

第3子を出産し、産後6か月で生理が再開し、何もこれまでと変わらなかった。
40才の秋、第3子が2歳半のころ、下腹部に違和感があった。
やたらと下腹部がチクチクとする。排卵痛だと思っていたけど、それまで30周期だった生理が予定日になっても来ない。
おそるおそる近くの婦人科を受診し、超音波検査。

 

 

「うーん、内膜が薄いね。ぺっちゃんこ。これは閉経かもしれないね。血液検査しよう。」
この血液検査のホルモン値で閉経なのか閉経でないのか診断がつくよう。
結果がでるまで2日。

 

 

≪まだ40才なのに、閉経は違うでしょう・・・。精神的なもので遅れてるだけでしょう。≫
と安心してた。

 

 

結果当日。
「やっぱり閉経だね。まだ40才でしょ?閉経には早すぎる。『早発閉経』ていう病名になるよ。
 生理がないと女性ホルモンが一気に減るということだから普通の人よりも骨粗しょう症になる年齢が10年 早くなる場合がある。だからホルモン剤を50才まで飲んでもらうことになる。」
あっさり、けど丁寧に医師に言われた。

 

まさか私が・・・。まだ40才。このままホルモン剤を飲むというのはどうなるの?子宮腺筋症
飲まなければどうなるの?
不安が一気に押し寄せた。

 

 

一般的な閉経は50才らしいが、私は10年早い40才。
普通じゃないらしい。
薬でなんとかなるのか医師に相談すると、閉経は薬ではどうすることもできないらしい。
体の自然な変化は今後受け入れるしかないようだ。
40才で子供を産む人がいる一方、40才で閉経する人もいる。

 

 

誰にも話すことができず、ネットで調べまくった。
調べれば調べるほどホルモン剤は乳がんリスクが高くなること、心筋梗塞のリスクが高くなることなど、不安材料がでてくる。
生理がなくなって楽になるのかもしれないけど、ホルモン減少によって体が変化するのはとても悲しい。

 

 

いつかは迎える閉経だけど、こころの準備ができていないし同年代の友人はまだまだ生理がある。
治すことができないのはわかっているけど、受け入れることに戸惑いもある。

 

たかが閉経かもしれないけど、なかなか吹っ切ることができません。

腰痛体験